デイトレーディングって、やっぱり、損?

今日の経済新聞を読んでいたら、プリンストン大学教授ダニエル・カーネマン氏のインタビュー記事が出てました。(肩書きも名前も凄い人ですね)

これ、「投資家は自信過剰:短期売買『損』重ねる恐れ」と題して、要は、デイトレーディングみたいに、短期で売買するやり方、投資の仕方が間違っているということなんですね。で、この方の言われる「正しい投資方法」は、よい株を持ち続けると。

な~るほど、つまり、私みたいにやれってことね。まあ、ソフトバンクやあしぎんの取引を見ていると、私でも、そんなことを感じますよ。ま、これはギャンブル、ですね。

で、私のやり方、毎日のように、相場を見ちゃあ、先を占い、いつ売ろうか、どの株に乗り換えようか、と常に考えているんですけど、結局、売り場も来ないし、その必要(暴落の兆候)も生じない。まあ、だらだらとあげ続けてまして、相当な含み益になっているんですね。

これ、この先も売り難そう。まあ、実力以上に暴騰したら売りますけど、そんな嬉しい状況、あまり期待しちゃいけないですね。でも、それぞれに、これからも、じわっと上げそうなんですね。

何しろ、トヨタはご存知優良株、世界のナンバー2の地位を固めそうで、円相場がちょっと心配ですけど、かなりのとこまでは大丈夫。まあ、目標4,200円は、春先にも実現しそうです。

東急不動産は、不動産業界の最悪期を脱して、そろそろ上げそう、証券会社も270円あたりという目標を公表しています。

トムスエンタテイメントは、現在名古屋2部に上場しているんですけど、東京市場に移動することを検討中なんですね。この会社、コナン、アンパンマン、ハム太郎、ルパンなどの権利を持ってまして、テレビアニメの製作本数も、日本で最大級なんですね。つまり、世界が注目する日本アニメの、代表的企業の一つがトムスなんですね。これ、東京市場に来たら、凄いことになると思いませんか?

まあそんなわけですから、打てる手は、異常に上がったところを売って、上げが弱いところを買うと、、、まあ、そんな作戦なんですけど、みんなぼちぼち、なんですねえ。まあ、徐々に上がっているから文句はないけど、なんとなく、面白みに欠ける展開ではあるんですね。

あまり、ハラハラ、ドキドキなのも困るんですが、、、まあ、来年に期待しましょう。