ソフトバンクの怪しげな動き

1月 2日 (金) 9984 ソフトバンク、帯電話事業へ参入うかがう-年明けにも実験開始なんてニュースが、ソフトバンクの株価チャートの下に毎日出てきます。

これ、昨日は1月1日付のニュースだったんですね。で、中身は12月29日の記事。記事の日付が、株価チャートに載せるときに、常に最新の日付になる、これは、単なる事故とは思われず、ヤフーの担当者が操作していると考えるのが妥当。

でも、こんな操作、フェアじゃありませんね。読者に誤った印象を与える。

で、その理由を推理すると、このニュース、ソフトバンクの株価を上げる効果があり、これを多くの人の目に触れさせたいという意図の現われと思われるんですね。ヤフーはソフトバンクの子会社で、実質的にソフトバンクが動かしています。つまり、自社の株価が上がるように操作していると考えるしかない。

しかしこんなアンフェアな操作、ばれればむしろ株価を下げる要因になるし、このボードを利用している個人投資家に、ばれないわけがありません。だって、クリックすれば出てくるのは昔のニュース、変に思わない方がどうかしている。

ヤフー、及びソフトバンクとは、注意して付き合う必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です