漆とカシュー

最近、漆器を一つ買いたくなって、漆を売っているお店について、ネットでいろいろと調べてみました。で、先日訪れた麹町、象彦という、漆器のお店に行ったんですよ。

そのとき見つけた余計な情報が、カシュー。

カシューって、カシューナッツの実るカシューの木なんですけど、この木から、塗料が取れる。これをカシュー塗料というんだそうです。

カシューの木、漆と同じ種類の木でして、カシュー塗料は漆と似た性質がある。漆と違う点は、かぶれないこと。カラーもいろいろとそろっています。

ふーむ、なんか面白そう。

漆は、耐侯性、耐水性に優れますから、屋外で使う道具にも向いてます。まあ、漆は高いし、傷つきやすいんで、漆塗りのデッキチェアなんて、考えられませんけど、庭で使うテーブル、カシュー塗りにしたらどうでしょうかね。

白いカシュー塗装のガーデニングテーブル、螺鈿を散らしたりして、、、螺鈿とは、七色に光る薄い貝殻のこと。螺鈿用に加工した材料も売られています。お店おっしゃれ~♪ 緑色の大きなパラソルに映えそうですね。

その前に、作業場所を、なんとかしないと、、、