久しぶりに株の話を、、、

トムス・エンタテイメントの株価は、このところおかしな動きをしております。実に、3月の初めから3月22日頃まで、トムスの株価はほとんどフラット。普段は値動きの激しい銘柄でこれ、不審に思わない方がどうかしています。おまけに、売買注文の指値を見ると、5円刻みにまとまった売り注文が入ってくる。こういうやり方、「蓋」といいまして、株価を低い方向に操作するときにとられる方法。

そうしたところが、ま、関係があるのかないのか判りませんけど、翌朝からトムスの株価、上がり始めました。蓋のあった580円から、最近は623円!

ふーむ、蓋をしていた人たち、損をしましたね。でも、この株、怪しいことが多すぎる、という訳で、いろいろと調べてみたのですが、面白いことがいくつか判りました。

まず、トムス、名古屋に本社のある会社なんですけど、「中部流堅実経営」なんていわれているやり方が当てはまる。これ、キャッシュを稼いで溜め込むんですね。普通は、企業、利益を上げたら投資をするなり、配当するなりするんですけど、中部流、内部にお金を溜め込むばかり。だから、借金が少なく、資産も豊か。その割りに、配当が少ないですから、投資家には魅力がなく、株価が安い。

そこに目をつけたのが、海外の投資家です。株を買い占めて、過半数を握れば、その企業、自由に動かすことが出来ます。資産が豊富な会社、支配してしまえば、その資産で株主を儲けさせることもできる。株価が安い会社でこういうことをやると大もうけできる、と言うわけで、既にユシロ化学工業とソトーに株買占めの動きがありました。

この二社、配当を大幅に増やすなど、株主への還元を増やすことで株価を上げ、買占めを失敗に終わらせたのですが、似たような体質の会社、皆同じ心配があるのですね。それで、最近では、何かと理由をつけて増配する、なんてことを中部流企業は行ってます。

トムスも増配したんですよ。で、その理由は、アニメ事業40周年記念! なんか、変ですね。しかし、その増配、たった2.5円。これで株価、どれほど上がってくれるものだか、、、

でも、トムス株の大量買い、最近も、ちらほらとある様子でして、これからの株価上昇には、トムス株ホルダー一同、大いに期待しているのですよ。たとえそれが買収がらみであっても、トムスの株主、儲かりますからね。