畑打ちや法三章の札の下。年金も、かくありたいですね。

蕪村のこの俳句については専門家の解説を参照していただくのが良いのですが、その意味するところは、法律は単純なのが良い、という話ですね。

後で泣くよと年金保険料支払いをCMしていた江角マキコさんの未納がばれて、CMおろしたり、果ては、国会に喚問するなどと騒いでいたのが、ついこの間、そこに、大臣や、民主党の幹部たちの年金未納が明るみに出て、なんともみっともない姿をさらしているのが最近の年金をめぐる話題。

でも、この人たち、年金制度に反対だとか、何か、悪意があって払わなかったわけではなさそう。この問題の本質は、仕組みが複雑すぎること、わかりにくいこと、であるようです。

ならば、未納が多い国民だって、事情は同じはずだと思わなくちゃいけません。政府、未払いが多いことを嘆く前に、制度を単純にすべきなんですね。そうそう、今日の朝日新聞のトップ、年金の相談窓口、処理が追いつかないと。今の年金制度、資金不足の以前に、システム、やり方、制度に問題がありそうです。

国民は等しく行政サービスを受ける権利がありますから、年金、全部合わせて一本化すべき。複雑な特例も廃止して、一本化する。何年加入、いくら払った、だからいくら出すと、一定の決まりを作れば話は簡単なはずです。

でも、複雑な社会制度、単純に出来ない理由があるはずです。複雑な制度に隠れて、甘い汁を吸っている人たちが、多くの場合、いるのですねえ。

その一つは、既得権がある人たちがいる、という問題。国会議員の年金なんて、その最たるもの。とっとと止めにしなくちゃいけない。この人たち、何のために国会議員やっているのか、その自覚があるのか、はなはだ疑問です。

年金、税金も使っているのですが、これまでの年金がらみの莫大な無駄遣い、これもある意味、担当する役人の既得権なんですけど、こんなの許されない、現在の組織の能力欠如をあらわにしてますから、年金事務も一本化して、民間に委託すべきです。

複雑な制度、コストが掛かるのは当たり前。これは、行政のコストだけじゃない。年金を受ける側の国民のコスト、ってーか、手間も莫大なものなんですね。

この壮大な無駄、早く止めなくちゃいけない。大臣たちの未納問題、その契機になれば、まことに結構な話なんですけど、、、ま、期待するだけ無駄、かも知れませんねえ。