イラクのハリバートン社、水戸黄門の越後屋、だね

イラクの捕虜虐待、軍人に責任を押し付けてかわすのがブッシュの作戦みたいだけど、情報機関や、民間人(!)が尋問に絡んでいたらしいということが伝えられています。

一方でこんな解説記事もありますね。なんか、えらく判りやすいイラク戦争の構図。結局のところ、越後屋ハリバートン社と悪代官ネオコンが結託しての、石油狙いの大芝居、戦争の口実、大量破壊兵器はいくら探しても、出て来やしないんですねえ。

確かに、フセインはひどい奴だったかもしれないけど、日本でいえば信長、比叡山を焼き討ちしたり、大名武将を恐怖政治でコントロールしたりしたけど、それが故に外国が軍隊を派遣して討ち果たす、というのも、これまた変な話。

で、その派兵の狙いが、実のところは、信長の国の豊かな資産だったりしたら、コレ、とてつもなくひどい話ですね。それが現に行われているのがイラク、これを正義の戦争(?)に戻すためには、ハリバートン社を排除しなくちゃいけません。

米国にだって自浄機能があるとは思うけど、(つまり、ブッシュを落選させると、、、)ここは自衛隊を派遣している小泉さんの出番でもあります。一人でブッシュに掛け合うのは怖いかもしれないけど、日本と同じく軍隊を派遣している国々と相談して、声を合わせて掛け合えば、頑固なブッシュも、嫌とは言えないはず。もし、嫌だというなら、各国、コレ幸いと、軍隊を引き上げてしまえば良い。

いずれにしても、日本の外交、国民のコンセンサスは国連主体のはず、米国の独走に乗った今回の派兵、ちょっと、フライング気味でした。おまけに開戦当初から噂されていた石油狙いの本音、ハリバートンの傍若無人振りを見れば、誰の目にも明らか、今こそが、路線修正を決断する絶好の機会、に違いありません。