BIGLOBEによる誤請求問題、その後の顛末

先週のこのブログでご紹介いたしましたビッグローブによる会費誤請求問題に付きまして、先方から文書が送られて参りましたので、その概要と、今後の対処についてご説明いたします。

第一に、<旧PC-VANご利用のお客様へ、有料料金化に関してのご案内方法について>と題する箇条書きがありますが、この表題自体、かなり誤解を招く表現です。

まず、旧PC-VANも無料サービスではなく、有料サービスです。従量制ではあったのですが。更に根本的な問題は、今回の変更は、パソコン通信の有料化(定額制のことをそういうのであるとしても)ではなく、メール、掲示板(会議室)、チャット、ソフトウエアダウンロードなどのサービスをモデムを介してセンターコンピュータと交信することで行う形態であるパソコン通信の契約を、インターネット上のチャットルームの有償サービス契約に切り替える、という変更です。

次に会員に対する連絡に関して述べられています。これは、事実の記載ということで、以下にそのまま引用しておきます。

・1998年9月21日      Web、PC-VANで告知
・1998年10月1日~23日  メール通知
・1998年10月29日~30日 ご登録住所に案内文を送付
・1998年11月        会員規約改定
・1999年3月4日~12日  メール通知
・1999年4月         有料化

ここで注目されることは、メール通知やPC-VANでの告知が多数なされているのですが、実際問題といたしまして、1998年には既にインターネットは普及の過程に入っておりまして、PC-VANは、少なくとも私は、使用していなかったのですね。ですから、そこでいくら告知されても、また、PC-VANの提供するメール機能を用いて通知されても、その内容は知る由もありません。この事情は、他の多くのPC-VAN会員にとっても同様であったのではないか、と推察しております。

唯一、情報に接する可能性があったのは、登録住所に送られてきた案内文であったのですが、その内容は、PC-VANの終了を伝えると共に、BIGLOBEへの加入を勧める、宣伝のためのダイレクトメールと、少なくとも私は受け止めたのですね。

で、この処置の後ビッグローブの取った処置は、「上記のご案内に関しまして、ご返信/ご連絡がないお客様におかれましては、継続してのご利用の意思があると判断させていただき1999年4月より課金を開始させていただいておりました」ということです。

これはしかしむちゃくちゃな話です。何よりもパソコン通信のサービスは打ち切っているのですから、継続利用、ということはありえません。普通に考えるなら、PC-VAN経由の告知に音沙汰のない会員は、既にこのサービスを全く利用していない、と判断するのが妥当ではないでしょうか。

更に、その理由たるや、以下のごとき噴飯ものなのですね。

ご契約を継続(課金)させていただきました理由といたしましては、お客様の意思の確認を行っていない状態で、サービスを停止することにより発生する莫大な影響(仕事上ご利用いただいているお客様や、株取引利用者様を含)などを考慮し継続させていただいておりました。

と、まあそういう理由を挙げているのですが、このご契約を継続、というその内容たるや、わいわいチャット60分限定サービス、なのですね。確かにパソコン通信の業務上の利用もあったのでしょうが、それはメールや会議室としての利用が主たるものと思われ、チャットはあまり仕事には使えないのではないでしょうか。ましてや株取引などをチャットでやる人が、果たして、いたのでしょうか。

とはいえ、「上記の点に付きまして、改めてご案内させていただきますとともに、当方からの案内が行き届かず、ご迷惑をおかけいたしました事を、お詫び申し上げます」としていただき、210円×82カ月分=17,220円の返金に応じていただきました。

まあこの返金、個人的には、当然のことであると思いますし、この行為自体は妥当なものであると考えているのですが、裏を返せば、私の口座からの会費引き落としに問題があったことを、ビッグローブ自らが認めている、ということでもあるのですね。

と、いうわけで、私の被害は回復される見通しなのですが、今回のPC-VANからBIGLOBEのわいわいチャット60分サービスへの一方的通告による契約切り替えが、果たして妥当なものであるのかどうかという点に関して、当事者側の理解がなされているようには、全く感じられませんし、他の被害者(ご迷惑をおかけされている人々)に対する処置がなされるようにも思われないのですね。

PC-VANからBIGLOBEへの契約切り替えに関しては、先週の本欄にも書きましたとおり、全く妥当性を書くものと私は考えております。この一方的な契約切り替えが不当なものである場合は、クレジット口座からの会費引き落としが不正なものである、ということになります。

その被害額ですが、会員数200万人以上を誇ったPC-VANですから、仮に会員の1%が被害を受けている場合ても3億円以上の被害総額、ということになりますし、それが10%近くになりますと30億円、という、かなり巨額の詐欺事件、ということになります。ここは公正な調査が必要ではなかろうか、しかし、これ以上をNECサイドに任せるのは無理であろう、というのが今の私の考えなのですね。

と、いうわけで、次のアクションに進もうと考えているのですが、この内容、および経緯に関しましては、その内容の性格上、しばし非公開、としたいと思います。いずれ結果が出ましたら、改めてご報告いたしますので、今しばらくの間、お待ちいただきたいと思います。