マクロスで英語のお勉強

マクロスフロンティアの英語版ですが、こちらの17話は、前回ご紹介した17話字幕入りと異なる訳となっております。

前回の「馬鹿馬鹿……」が“Idiot, Idiot...”だったのに対し、こちらは“Jerk! Jerk! ...”となっております。idiotは白痴 といった医学的学術用語でもあるのですが、jerkは重量挙げのjerkと同じ用語でして、ぐいっと引っ張る、けいれんするなどといった意味の単語でして、俗語として馬鹿との意味があります。まあ、体力馬鹿的な意味合いでしょうか。

馬鹿一つでも奥が深いですね。

ちなみに18話もすでに英語字幕入りで出ております。

それにしても前回ご紹介したリンクは、今見ましたらCM入りですね。無断でコピーして、オリジナルのCMを削除して、自前のCMを入れてしまう、というのは少々ひどい話のようにも思えます。

オリジナルのCMをそのまま入れるなら、どうせ民放はただでみせていますから、ネットで流すことを認めるか認めないかは単なる社会的ルールの決め方一つであって、経済的な損失は生じないはずですけど(まあ、それでもいろいろと面倒なことがあるのかもしれませんが)、CMを入れ替えてしまうというのは少々やりすぎのように思えます。

こういった著作権の侵害行為には、何らかの抑制処置が必要であるように思いますが、それと同時に、ネットにもアニメを流すという処置を進めていただけると大いに嬉しいのですが。まあ、そういった代替手段の提供と並行して海賊行為を取り締まる、というのが大人の対応なのですね。

つまりは民主主義の世の中、単純に正義を振り回すだけではなく、ネットの民の感情にも配慮しなければ、せっかくの正義も民衆の支持を失い、施策は頓挫してしまうことにもなりかねないと私は思う次第です。


2016.6.12追記

ご注意:ネット上に公開されているマクロスフロンティアは著作権者に無断で公開されているものが大部分であり、本ブログに掲げたURLの相当部分は既にリンク切れとなっております。原作にご興味のある方は、以下のDVDをご手配ください。

1:第1話収録

2:第2, 3, 4話収録

3:第5, 6, 7話収録

4:第8, 9, 10話収録

5:第11, 12, 13話収録

6:第14, 15, 16話収録

7:第17, 18, 19話収録

8:第20, 21, 22話収録

9:第23, 24, 25話収録

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です