最近のアニメについて

最近のアニメに関して、押井守氏が苦言を呈しております。

私は、これはもっともであると思うと同時に、どうでもよいことではないか、などという思いも抱いてしまいます。

つまるところ、屑アニメは見なければよいだけの話であって、そんなアニメを喜ぶ人がいたところで、それは自分とは関係のない世界の出来事だという、至極当たり前の分別をすればよいだけの話だと思うのですね。

そもそも、同監督のデビュー作に掲げられております「うる星やつら」などは、今日私が見てしまいますと少々恥ずかしい思いを抱く作品でして、「ああっ女神さま」のOVA版と同じく、男子の欲求の赴くところが白日の下にさらされているのですね。これは少々恥ずかしい。

これがまともな姿に(今にして思えば、ということなのですが)なって来たのが90年代でして、フェミニズムが興ったこともありますが、アニメ制作者の側に自らを顧みる余裕も生まれてきた、ということもあったのでしょう。

とはいえ、私も最近のアニメはあまり見ていないのも事実。確かにろくなアニメはありません。しかし、屑は見なければいいだけのことですし、アニメ制作に携わる者ならこういう時代は得難い時代。まともなアニメを作ればよいだけの話ではないか、などと私などは思ってしまうのですね。

「ないんだったら、自分で作ればいいのよ(by ハルヒ)」というお言葉を押井監督には進呈したい、などと不埒にも考えている次第です。