なぜかChromeが凍ってしまう。その対応は、、、

最近のビジネスジャーナル記事で、Google社のブラウザ“Chrome”の躍進ぶりを伝えておりました。

私も実は、Chromeを使っているのですが、2~3日前からページがいつまでも開けないという現象が発生しました。

この現象、どうやら特定のページで起こる様子で、それもごたごたした宣伝が張り付けてある奴で頻発する。さては、宣伝に使用している特定の機能とChromeの相性が悪いのか、と考えておりました。

この問題の最も簡単な対処法は、マウスカーソルをあわせた状態で、左ボタンをクリックする代わりに、右ボタンをクリックして現れるポップアップメニューで「新しいタブで開く」を選択する。これがなかなか開かない場合は、何度も同じ操作を繰り返す。そうすればどれかのタブで無事に開けます。

この方法でうまく行く理由は、おそらくは、毎回異なる宣伝が現れ、いずれかのページにはChromeと相性の悪い宣伝が含まれないからであろう、と考えております。

とはいえ、こんなやり方では時間ばかりかかってしまいます。で、どうしたかといえばChromeのURLを記述する部分に“chrome://plugins/”と書いてリターンを押して開くページで、全てのプラグインを無効にしてしまう。このやり方で、さしあたりサクサクと動くようになるのですが、当然のことながら、Flash Playerが無効になっておりますので、対話型の表示ができなくなってしまいます。

最終的にやりましたことは、Adobe Flash Playerを再インストールし、先のプラグインページからAdobe Flash Playerだけを有効にしたこと。これでまずまずの結果となっております。

これらの対処、行き当たりばったりでやっておりますので、果たして正しい対処かどうかよくわかりませんが、さしあたり状況は改善されております。皆様が同じ問題に直面した時のご参考までに、ここに記しておく次第です。


ふうむ、これでもまだ凍りますねえ、、、「新しいタブで開く」技、しばらくはこれで行くしかなさそうです。


5/20追記:Chromeが凍るという問題は、本日時点では、表れなくなった模様です。Googleサイドで何か改善したのでしょうか。

まあ、Googleがこの問題に対処すること自体は当然の話なのですが、どんな問題があってどのように改善したかくらいのアナウンスがあってもおかしくないように思うのですが、、、