楽天ブログではなくcomfort.saloon.jpを参照してほしいのだが、、、

楽天ブログからこちらにすべての記事を移したのですが、楽天のアクセスが依然として多い一方で、こちらのアクセスは全然伸びません。

このブログの記事がヒットしそうなキーワードでGoogle検索しても、楽天ブログがヒットし、こちらの記事は全然ヒットいたしません。

楽天側のブログには、読者の便を考えて、タイトルを残して本文は削除し、本文部分にこちらの当該ページへのリンクを表示しておりました。サーチエンジンがタイトルでサーチしていると致しますと、本文を消してもタイトルを残してしまいますと、この部分で検索されてしまうのではなかろうか、との考えに至りました。

そこで、楽天ブログの最近の記事について、タイトルをすべて「削除しました」として、元のタイトルはリンク部分に埋め込むようにいたしました。これで、検索エンジンがどのように対応するか、ちょっと様子を見ることといたします。

WordPressの使い方を知るため、ホシナカズキ著「できる100ワザ WordPress必ず集客できる実践・サイト運営術」を購入してまいりました。この本は、さくらでのWordPressの運用を例に、さまざまな技法を紹介しております。この中で、検索エンジンに変更を通知するように設定すべきとの記述がありました。

こんな設定をしなくても、botがさんざんアクセスしておりますので、たぶん検索サイトはとうにこのページをチェックしているとは思います。でも、せっかくの情報ですので、検索サイトに通知するオプションを設定することといたしました。具体的な手法は次の通りです。

・設定の「投稿設定」をクリック
・一番下の「更新情報サービス」の下のボックスに、ヤフーとGoogleへの通知アドレスを追加する。その内容は以下の通りです。

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

このボックス、最初からhttp://rpc.pingomatic.com/なるアドレスが設定されております。これが何であるかは不明ですが、これはそのままにしておきました。

さて、どうなりますでしょうか、、、


6/25追記:本件、3日ほど様子を見ていたのですが、まだGoogle検索では楽天ブログのほうがヒットしてしまいます。たとえば、キーワードを「コギトとデカルトのギャグ」として検索をかけると楽天のページが最初に出てきます。

キーワードをダブルコーテーションマークで囲うと、このキーワードと一致するページのみが表示されるのですが、Googleの検索は似たページを省略して表示する。で、「検索結果をすべて表示するにはここから再検索してください」という部分をクリックするとcomfort.saloon.jpのページも表示されます。と、いうことは、楽天のページの変更が検索サイトに反映されていない、ということですね。

楽天ブログの「記事を公開する」ボタンは二つあり、下のボタンを押すとさまざまなところへの通知リクエストが送信されるようになっている様子です。実は最初のうちの修正では、下のボタンを押していたのですが、これをおこないますと楽天ブログへのアクセスが異常に増加いたします。これはおそらく、各種サーチエンジンのロボットからのアクセスが集中するのではなかろうか、と考えて、以後は上のボタンを押して公開していたのですが、どうやらこれは間違いで、下のボタンを押して、変更内容をきちんとサーチエンジンに伝えなければいけないということであったようです。

この推測が正しいかどうか、楽天ブログの該当するページを、改めて下のボタンを用いて公開いたしました。さて、しばらくしてから「コギトとデカルトのギャグ」をサーチしてみることといたします。これで正常化する場合には、楽天ブログのすべてのページを下側ボタンで再度公開しなおすというアクションが必要になります。面倒ですが、致し方ありません。

その他、更新情報サービスですが、pingomatic.comは、多くの検索サイトに更新を通知するサービスで、この中にはmy.yahooやblogsearch.google.comも含まれておりました。ひょっとすると上でおこないました通知の追加は、不要であった可能性がありますね。ただ、このサイトは英語のサイトですので、、co.jpに通知する上の追加にはそれなりの意味があるのかもしれません。


6/30追記:本日「コギトとデカルトのギャグ」でGoogleを検索したところ、トップが楽天の新しいページ、二番目がこのページとなりました。Yahooでの検索結果も同じです。ひょっとして、YahooはGoogleの検索エンジンを使っているのでしょうかね。

いずれにいたしましても、やっと検索エンジンに今回の移動が反映されたようです。今後のアクセス状況の変化に注目したいと思います。

ん、、、、「りそな銀行からの怪しいメール」で検索すると、楽天のブログ内容は書き換えたものに修正されているのですが、こちらのページは「似たページ」として隠れてしまいます。どうやら、検索に使うキーワードの修正まではおこなわれていない様子。「コギト」のページは、楽天ブログの編集画面に二つあります「公開する」ボタンの下側を押してPingを送ったことが効いているようです。サーチエンジンにキーワードまで認識させるためには、すべてのページに対して、下のボタンを押し直してやる必要がありそうです(これから暇を見ては押していくことといたします:2004.5まで通知しました。)

ボタンを押し直してからまだ数時間しか経過していないのですが、「りそな銀行からの怪しいメール」でのサーチで、こちらのページも表示されるようになりました。めでたしめでたしです。なお、2004年5月以前には、大した記事も書いておりませんので、この作業はこれで終わりということにいたします。


7/2追記:依然としてGoogleの検索にはブログの移行が完全に反映されていない様子です。「コギト デカルト」でGoogle検索をかけると、楽天のページが最初のほうに表示されるのですが、comfort.saloon.jpのページは全く検索にかかっては来ません。

と、いうことは、表題でサーチする場合は移行が反映されているのだが、キーワードでのサーチには反映されていないということ。キーワード検索にまで今回の移行が反映されるまでは、まだまだ時間がかかりそうです。

これも一つのデータですから、時々チェックを行い、ブログの移行がキーワード検索に反映されるまでの日数を把握しておくことといたしましょう。


7/3追記:一つの可能性に思い当たりました。つまり、comfort.saloon.jp側のコギトとデカルトのギャグがサーチエンジンに検出されていない可能性ですね。そこで、昨日夜、このページを改めて更新しました。先ほど、「コギト デカルト」でGoogleサーチを行いましたところ、こちらのページも検索に引っかかるようになりました。

ただし、表示されましたのが一ページ50件表示の8ページ目。楽天の記事が最初に近いところにあるのと比べますと、かなり軽い扱いとなっております。これにつきましては、しばらく時間を置くしかないようにも思えます。こうなりますと、comfort.saloon.jp側のアクセスが増加するまでには相当の時間がかかるかもしれません。致し方のないことなのですが。


7/4追記:「コギト デカルト」でのGoogleサーチ結果のcomfort.saloon.jpの検索順位は、2ページ目、70番あたりまで上がってきました。また、「似たページを表示する」としなくてもちゃんと検索されるようになりました。なお、楽天の該当ページが最初のほうに表示されるのはそのままです。


8/1追記:本日「コギト デカルト」でGoogle検索をチェックいたしましたところ、楽天のページとcomfort.saloon.jpのページが並んで表示されるようになりました。これで、キーワード検索をされた方も、comfort.saloon.jpを覗きに来てくれそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です