Re:ゼロ。スバル一世一代のシーン(終了間際)

Re.ゼロのKiss版英訳、最後の部分をお届けいたします。

ナツキ・スバルは、白鯨の現れる場所と時間をクルシュに提供することで、同盟を結びます。で、その場所と時間に大戦力を向かわせて今回のお話は終わるのですが、その最後の最後に白鯨が現れます。この良いところのシーンの英語表現をKissアニメからお届けいたしましょう。(ご注意:kissアニメは全画面表示にする際に、怪しげなメッセージが出ますが、変なところをクリックしないよう、ご注意ください)

クルシュ:It isn't comming? 来ないか
雑魚:Is that.... あれは?
クルシュ:Troops... 総員
スバル:Let him have it. 掴まって~
レム:Al Huma! アル・ヒューマ!
クルシュ:Troops! Follow those two fools! 総員、あのバカどもに続け~!

“Let him have it”は「食らわせろ!」くらいの意味だと思いますが、台詞は「(落ちないように)つかまって~」と言っているように聞こえます。ここ、他の意味の言葉を発しているのでしょうか?

ま、肝心なシーンは来週のお楽しみ、ということで、、、