原発の病理:新潟県知事選挙結果に思う

BLOGOSに「選挙で「原発」がテーマになると、自民党は必ず負ける」と題する田原総一朗氏のインタビューが掲載されており、これにコメントを付けたところ、かなり長い議論になってしまいました。

内容につきましては、上記リンクをご参照いただくこととして、この議論の結果から私が感じたことについて、本日は述べてみたいと思います。

私の基本的立場

この話を始める際に、私の基本的立場についてまず説明しておく必要があるでしょう。というのは、今日の原発推進のあり方に少しでも批判的なことを述べると「あいつは反原発派だ」などという決めつけがなされてしまい、内容を全否定されてしまう、などということがしばしば起こるからです。

まず、原子力発電(原発)はエネルギーを得る手段として当面の有力な技術である、というのが私の基本認識です。

ここで「当面の」といいますのは、いずれは核融合発電が現実的になるであろうと考えておりますし、もしかすると自然エネルギーの利用が十分に経済的にも可能となるかもしれません。しかしながら、現在すぐに切り替えることは、技術的にできない状態にある、ということなのですね。

また、現時点では、化石燃料でも我が国の電力需給は満たすことができております。しかしながら、原油にせよ天然ガスにせよ、このような状態がいつまで続くかという確証はなく、いずれはオイルショックのような、燃料入手に困難をきたす事態とならないとも限りません。エネルギーの入手手段は、可能な限り広く保っておいた方が良いのですね。

とはいえ、原子力発電の最大の問題は、その安全性に疑問が投げかけられていることであり、社会的に許されるレベルの安全性が今日の原発で満足されているか否かに関して、私にも確信がもてないことです。

各種世論調査でも再稼働に反対する意見が多数を占めていることから、我が国の国民の多くが原発の安全性に関して疑問を抱いていると思われます。その結果生じることは、今回の新潟県知事選挙のように、反原発派の知事が誕生することになる。そして様々な許認可権を盾に、原発の再稼働を妨げることになるのですね。

これでは、我が国はエネルギー供給の面で不安を抱えたままになってしまいますし、電力コストの高騰を招き、日本経済にも悪影響を与えてしまいます。

では、住民の反対を押し切って何が何でも原発再稼働に踏み切ればよいかといいますと、現行の制度がある以上これもまた現実的ではありません。

もう一つの問題は、それが社会的に許されないほど危険な存在であるなら、原発を再稼働すべきではない、という至極当然な問題があるのですね。

だから、まずなすべきことは、今日再稼働を進めようとしている原発が、社会的に許される程度に安全なものであるかどうかを明らかにすること。それが安全なものであるなら、これを広く国民一般にわかり易く説明して、近隣住民の理解を得ることです。これが得られたならば、県民も原発反対というだけで知事を選んだりはしないでしょう。

一方、もしそれが社会的に許されないほど危険なものであるなら、これを隠して再稼働を進めるなどということは許されるものではありません。

そして、これが安全であることを国民にわかり易くすることは、その再稼働を進めようとしている事業者が、まず行わなくてはならない。なんとなれば、福島の事故で、原発の安全性に対する不信感は、国民の間に一気に広がってしまったのですから。その不安を解消するのは、まず第一にはその当事者である電力会社であり、必要であれば行政がこれをサポートする形で取り進めるしかありません。

かなり長くなってしまいましたが、これが、原発に関する私の基本的認識であるわけです。

福島で起こったこと

こういう背景を前提に、この長い議論を読んでいただければ、おそらくは、多くの方が私と同じように、おかしな印象を受けるのではないかと思います。

福島の事故は、千年に一度の津波を無視してしまったことによって起きました。正確にいえば、西暦869年に発生した貞観地震による津波の規模が知られていたにもかかわらず、このような大きな津波は起こらないものとしたことが、致命的な結果を招いてしまいました。

貞観地震の津波規模について、誰も知らなかったのであれば、これは致し方のないことであったということもできるでしょう。しかしながら、東京電力には、この情報が事前にもたらされていた。にもかかわらず、これを無視したことが運命の分かれ道となりました。

このあたりの事情はWikipedeaによりますと、次のようになっています。

2002年に文部省の地震調査研究推進本部が、「貞観津波、明治三陸津波、昭和三陸津波のような東日本の太平洋岸を襲う大津波は、今後は三陸沖から福島沖、房総沖にかけて、どこで起きてもおかしくない」という報告をまとめた。その報告を受けて2008年に行われた東京電力の独自調査では、福島第一原子力発電所に想定を大きく超える津波が来る可能性を示す評価結果が得られ、原子力・立地本部の幹部は危険性を指摘したが、吉田が部長を務める原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張[注釈 1]。上層部も了承したため建屋や重要機器への浸水を防ぐ策が講じられなかった。2009年6月にも、経産省の公式会議である「総合資源エネルギー調査会 原子力安全・保安部会 耐震・構造設計小委員会 地震・津波、地質・地盤合同ワーキンググループ」内で、産業総合研究所の岡村行信活断層・地震研究センター長は、東電は津波対策として貞観地震を検討すべきと明言し、想定を格段に厳しく見直すべきだと指摘していた。

ここで、注釈1は以下のように説明されております。

2002年に公益社団法人土木学会が、2006年に中央防災会議がそれぞれ「福島沖に波源はなく、福島沖と茨城沖を災害対策の検討対象から除外する」という見解を発表している。これを受け、吉田は明治三陸沖地震の波源が仮に福島沖にあった場合の津波高を自主試算させ、最大波高15.7mという結果を得る。それを基に土木学会に「福島沖に波源がない」見解と自主試算結果の審議を正式に依頼した。さらに吉田は堆積物調査を行い、貞観地震の際の推定津波高を4mと試算した。このように、吉田個人は津波対策を軽視していたわけではない。

注釈1は、吉田氏擁護の注釈ですが、かなり論旨が不明確です。

いずれにしても、貞観地震の津波が無視されてしまったことに変わりはなく、東日本大震災によって引き起こされた高さ13.1mと推定される津波によって、福島原発は破局的な事故に至っております。

東京電力関係者の心の傷

これは、福島原発周辺住民に多大な被害を与えたのですが、実は、東京電力にも、あるいは東電社員にも、大きなダメージを与えているのですね。なにぶん、超一流企業でありました東京電力が実質的な破綻に至っておりますから。

福島の事故は、電力会社にとっても、またその関係者にとっても、痛恨の限りであったでしょう。だから、普通であれば、こんなことが二度と起こらないように万全の対応を取るはずです。だけど、そのもっとも重要なポイントである千年に一度の津波を無視した理由について、その原因を掘り下げて十分な対応を取られているようにも思われません

そして、これがなぜ無視されたのかと問われても、なぜか答えが出てこない。「想定していなかった」とか、「そんな地震が来るとは思わなかった」などという答えなら出てくるかもしれませんが、これらは答えになっておりません。なぜ想定していなかったのか、なぜ来ると思わなかったのか。「なぜ」はこれらの答えを超えて、恒久的な安全確保につながる本質的な問題点の解明に至るまで、進めていかなくては問うた意味がないのですね。

その理由の一つとして、厳重なかん口令が敷かれているということは、簡単に思いつくところです。この部分の詳細な事実関係が明らかになってしまうと、関係者の責任が問われることになる。これは東電にとりまして困ったことではあります。でも、こんなかん口令は、まず成功しそうにありません。かん口令を敷かれたところで、これに反する情報が出ることを完全に抑えることは、今日のネット社会では難しいでしょう。

私がこのような受け答えから受けた印象は、これらの発言をしている人たちが、精神に何らかの傷を負っているのではないか、という疑いです。なにぶん、質問と回答が微妙にずれております。そして、回答が必要以上に遠回りをしております。これは、先に引用いたしましたWikipediaの注釈1からも受ける印象です。

なぜこんな行為を人はするのでしょうか。心理学の教えるところによりますと、人は心に傷を負うと、無意識のうちにこの傷を避け、この結果として、理解しがたい行動をとることが知られております。そうしたことが、東京電力の関係者や、かつて原発を推進した人々に生じているのではないでしょうか。

心理的抑圧という問題

人は誰しも、世界に対する一定の理解、世界観というものをもって生きております。そしてこの世界観が現実ではないことが明らかになったとき、これを素直に受け入れることができず、現実がみえなくなってしまうことがままあります。特にその世界観がおのれの生きがいなり優越感の源であった場合にそうなり易い。そうしたことが、東京電力の関係者や、原発を推進した人々に起こっているのではなかろうか、との印象を受けるわけですね。

かつての東京電力は、安定した大会社で、給料はもちろん福利厚生施設に至るまで至れり尽くせりで、社会的にもその意義を認められた優良企業でした。だから、東電に就職すれば、親類縁者も大喜びし、他の人たちからも羨ましく思われておりました。これは、本人にとっても誇らしいことであったに違いありません。

福島の事故がありましたが、これが、単なる不運であるということであれば、この世界観にはさほどのダメージも受けません。どんな優良な企業であっても、運悪く、天災に襲われることもある。その結果、実質破たんに至ったとしても、これは運が悪かったというだけの話です。

しかしながら、このような惨事が人的要因によって引き起こされたのだとしたら、それも、東京電力の組織的な問題や、トップの判断の誤りであったとしたら、東京電力という企業が優良な企業であるという前提は、崩れてしまいます。こんなことは絶対認めるわけにはいかない、との思いが生じてしまうことも、あり得ないではないように思います。

厄介な点は、これを当人に語っても、当人は決して認めないであろうということ。なにぶん、その自覚すらないのが普通なのですね。

このような現象は、フロイト流の精神分析で多く扱われています。たとえば、Lという文字が読めなくなったという症例を抱えた人の深層心理を探った結果、幼少時に誤って斧で人を傷つけてしまったことがその原因であった、というケースがありました。斧で人を傷つけるというショッキングな出来事が心に傷を与え、斧を連想させるLという字が読めなくなってしまったというのですね。

このような症状は、「心理的抑圧」と呼ばれ、その解決方法は、この原因となった事件を探り出して、これに向き合うことであるとされています。

心理的抑圧につきましては、フロイトの学説が今日でもそのまま認められているわけではありません。でも、これに類する症状は、フロイトの時代でも現在でも、同じように存在するでしょう。

私が今回の議論から受けた印象は、まさにこの抑圧であり、これを解消せずに原発の再開を進めていくことは、もしかすると大変に危険なことであるかもしれない、と感じた次第です。