FONTタグの問題:WordPress運用レポート

このブログは、本年6/14付の記事にも書きましたように、楽天ブログから移動しております。

移動にあたっては、htmlのタグ付きの文字列を、WordPress投稿ページにテキストモードで張り付けたのですが、“<font color=色名>色の変わる部分</font>”とした部分が少々おかしな形になってしまいました。

元々、FONTタグはHTML5で廃止予定で、他のタグを使うことが推奨されております。だから、これに文句をつけることは筋違いともいえますが、WordPressのバグといえないこともないような気は致します。

WordPressでは、FONTタグを使用して記述した場合、SPANタグを用いた“<span style="color: 色名;">色の変わる部分</span>”という形に変換してくれるのですが、複数のパラグラフにわたって一つのFONTタグで色付けしていた場合などに、正しく変換されない例があった様子です。

このブログでは、引用部分を色付けして表示しておりますので、色が正しくつかないと、どこからどこまでが引用部分であるかがわかりにくくなります。

というわけで、年末に多少の余裕ができましたことから、昨日から本日にかけて、過去の全ての記事をあたって、色の付け直しをおこないました。

これまでに、本ブログの過去記事を読まれておかしな印象をもたれた方がおられましたら、もしかすると、引用部分の表示が不適切であったことが原因かもしれません。読み直していただければ、正しい意味が分かるかもしれません。

また、教訓としては、テキストに色を付ける場合はビジュアルモードで色を付け、タグの選択はWordPressのシステムに任せてしまうのが安全、ということでしょう。