東京五輪マスコット

小学生投票で決定とのことですね。さてその名前は、、、

まあ、右側のピンクは、「さくら」で決まる、と予想いたします。

これ、どうみても、作者が桜の花びらをイメージして描いていますよねえ。

そうなりますと左の青いのは、、、

作者がイメージしているのは、市松模様ですが、さすがに市松クンはないような気がします。市松では、赤塚不二夫氏の「おそ松くん」(最近なら「おそ松さん」か)の六つ子の一人「一松」とかぶってしまいそうで、さくらの相手は務まりそうにありません。

江戸切子でも市松に似た模様が出るのですが、切子(きりこ)は女性の名前ですよねえ。

ふむ、相手がさくらなら、つばめか、あさかぜか。

まさか小狼(しゃおらん)にはならないだろうが、、、


10/29追記:これ、「ミライトワ」と「ソメイティ」となっております。

ソメイティは「ソメイヨシノ」にちなむものですから、さくらに近い概念ですので理解できるのですが、市松模様で「未来(ミライ)永遠(トワ)」になるのはなぜなのでしょうね?

まあ、名前など付けるに、さしたる理由など必要ない、とは言えるのですが、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です