6月度のベスト19エントリー@このブログ

この1か月ほどの間で、このブログでアクセスを集めたエントリーのご紹介です。

第1位:上には上が、、、森吉山「九階の滝」をめぐって:ずっと第1位をキープしております。

第2位:浜辺の歌の三番と、四番復元の試み:これもずっと上位をキープ、先月も2位でした。

第3位:虚数時間の物理学:ローレンツ変換とミンコフスキー空間:こちらも定位置の第三位です。

第4位:イケハヤランド:先月は9位でしたが、このコンテンツも常に上位にある、人気者です。

第5位:イケハヤ師 v.s. はらですぎ氏:先月第3位。イケハや関連コンテンツは一定の人気があります。

第6位:キョンの本名:初登場です。ずいぶんと古いエントリーで、涼宮ハルヒも最近話題にならないのですが、なぜ今頃このエントリーがアクセスされるのか、よくわかりません。

第7位:ラグランジアンとハミルトニアン:時々上位に顔を出すエントリーです。最近では、4月に第5位を付けております。

第8位:人生を楽しむための三要素:お金、時間、体力:コンスタントにアクセスを稼ぐエントリーで、通常は10位より下が定位置なのですが、今月は多少人気となっております。

第9位:虚数時間の物理学、さて、量子力学は?:こちらも時々アクセスを集めるエントリーで、最近では4月度に10位を付けております。

第10位:アンディ・クラーク「現れる存在/脳と身体と世界の再統合」を読む:こちらはコンスタントにアクセスを集めております。ここより少し下が定位置であるようです。

第11位:楽天のアクセス記録が異常に多い問題:その後:5月度はランク外でしたが、毎月アクセスを集めております。楽天のアクセス異常がずっと続いているということでしょうか。

第12位:“=3D”について:初登場です。

第13位:感性と感情の違いを意識すること、これ、大事ですね:毎月一定のアクセスを集めております。先月度は12位でした。

第14位:虚数時間の電磁気学:先月はランク外でしたが、例月かなりのアクセスを集めております。

第15位:アイデンティティとパーソナリティ:初登場です。

第16位:政治・経済:カテゴリーのページがアクセスを集めてしまいました。

第17位:プログラミング言語へのテンソル記法の導入について:初登場です。このような改良を施しますと、C言語の式に行列演算を直接書き下すことができるようになります。パイソンがAI向けの言語としてもてはやされておりますが、その理由は、行列の演算機能が含まれているためかもしれません。Cに同様の機能をもたせれば、こちらはコンパイラですので、インタープリターであるパイソンよりも、処理速度が改善されるのではないかと思います。

第18位:天才を殺す凡人と、これからの経営:5月度はランク外でしたが、4月度は15位につけておりました。

第19位:Signal Process Logic:固定ページがランク入りしてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です