本屋さんの書棚

本屋さんの書棚って良くできていると思いません?本屋さんに行くたびに、本よりも本棚に、目が行ったりしませんか?

欲しい、欲しい、絶対、欲しい!

ということで、ネットで探したら、三洋工業所という会社が扱っているということがわかりましたので、先日、二種類、計 3.6m 幅で頼みました。半分の 1.8m 幅は、下に引き出しの付いた平置き用の台が付いたもので、残りの 1.8m 幅は、下 2/3 程が傾斜の付いた棚になっているやつです。

実は、それが今日入ってきたのです! わーい!!というわけで、今日の午後一杯は、組立ての立会いと、本の整理に追われていました。

この棚、どこが良いかと言いますと、第一に背が高い。2.2m の高さがあり、従って本がいっぱい入ります。第二に、下が広がっており、地震などがあっても倒れ難い構造になっています。第三に、丈夫で、機能的です。欠点は、重いことと、多少高めなこと、組立てが難しく、業者に頼む必要があること、まあ、プロが使う道具ですから、やむを得ないといえばやむを得ない。

これからは、必要な本がすぐに出せるようになりますので、この日記にも、本の紹介を織り交ぜていきたい、等と考えております。