夏空に入道雲の湧き上がるように

昨日の空は、ほとんど完璧な、夏の空でしたね。夏の空、濃い青空をバックに、雲がモクモク(あ、だからクモ、かな?)と上がり、立体感のある光景を作り出しています。

雲は、普通は上空千メートル位の高さまでしかないのですが、入道雲はもっと高いところまで湧き上がるのですね。これ、強い上昇気流のなせる業。この高度、飛行機の巡航高度になりまして、これに突っ込むと大変、まるで、天空の城ラピュタの周りのようなことになるんですね。

ま、株なんぞやっている者にとっては、入道雲、あやかりたいものです。昨日の東京証券取引所、日経平均は下げているのですが、私の持ち株は上昇。トヨタ、新高値を付けています。ちなみに、同じ自動車株の三菱自工は新安値。不祥事や事故の安値を拾うという投資の仕方もあるのですけど、三菱自動車、コレはちょっといけませんね。君子危うきに近寄らず、です。

昨日の日記、ちょっと中途半端になってしまいました。言いたいことは、ネットのバーチャル化、トイレに落書きをしたがるヒトと、プロバイダの利害が一致した、ということ、でも、コレではネットのチカラ、発揮できない。ま、実名や住所を書く必要はないと思いますし、ハンドルでも十分ですけど、捨てハンで殴り書き、というのはあまり感心しないのですね。ハンドルでも常連はわかります。個性が出せるわけですね。良いメッセージを発信するヒト、そのハンドルは、ブランドとしての価値が生じる、そんな形で、ネットのチカラ、現実世界の役に立つようにしたいものです。

ま、この問題に関しては、いずれまた、きちんとした形で議論しましょう。