月の引力、やっぱり、地震の原因だったのね

月の引力が地震の引き金になる、という研究が発表されると、最近のニュースが伝えています。

これ、実は私も同じことを考えていて、以前の日記に書いたのですね。

ま、月の満ち欠けで地震が予測できるならこれほど楽なことはありません。何しろ月の満ち欠け、ずっと先まで予想が出来る。それに、何時ごろに地震が起こるのかも、わかるはず。潮の道引きと同じように、非常に正確に予想できるのですね。

ま、この予想、どこまでアテになるのか、ちょっとわかりませんけど、、、

もう一つの気になったニュース、マルチコアCPU、つまり一つのチップの中に複数のCPUが入ったようなCPUに対して、OSのライセンス料をPC1台分の扱いにする、とマイクロソフトが発表。これ、いずれは百も千ものCPUがワンチップに乗るのではないかと私は予想しておりまして、実験的小説レイヤ7にも、ちょっと書いたのですね。そこでは、全部のCPUにOS代が必要との設定、で、ハードメーカの鳳凰堂は新規OSの自社開発に乗り出す、と、、、

CPU,バス幅を広げたり、クロックを早くしたりして処理速度を上げてきたのですが、もう、かなり限界に近い。で、次の一手は、CPUを増やすこと。大勢の小人さんに仕事をしてもらおう、と言うわけですね。

以前、世界最高速のコンピュータは、なんと日本のNEC製、「地球シミュレータ」だったのですが、最近IBMに抜かれました。でもすぐに、NECが抜き返すと言ってます。このNECの方式、たくさんのコンピュータを並べて、交換機で接続した並列マシン。レイヤ7にも出てくる奴ですね。でも、地球シミュレータでも、人同等の意識を生み出すにはちょっと不足。もう少し待たねば、、、

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です