堀江貴文著「99%の会社はいらない」を読む

本日は、堀江貴文著「99%の会社はいらない」を読むことといたします。堀江貴文氏といえば、ご存知ライブドアで一世を風靡した方ですが、証券取引法などの罪に問われて収監後は、大きな会社を興すことはなく、宇宙開発やサロンなどさまざまなプロジェクトを立ち上げておられます。本日は、同書からいくつかのポイントを取り上げ、コメントを加えたいと思います。

日本からイノベーションが生まれない理由

以前、Blogosに次のようなコメントを付けたのですが、日本と米国の経済がその成長という面で大きく異なることに注意しなくてはいけません。

日経平均とDJIの長期チャートを見ると、愕然とする人が多いのではないかと思いますよ。米国の株価が右肩上がりに上昇を続けているのに対し、日経平均は、変動はあるものの、長期的には横ばいなのですね。

だから、株式をひたすら買い続けるというような投資法では、日本株では儲けられません。長期投資に際しても、高いところで売り、安いところで買うというやり方が必須、ということになります。これ、言うは易く、行うは難し、なのですね。
......
もっと考えなくてはいけない問題は、なぜ米国の株価が右肩上がりであるのに対して、日本の株価の長期トレンドが横ばいになってしまうか、ということ。

新しい産業に、人・モノ・金が移動する米国に対し、我が国の産業構造が固定的であることが最大の問題でしょう。

この変化を促進するためには、新しい産業に対する政策的な援助も必要だと思いますが、雇用制度を流動的にすることも必要だし、古い産業を必要以上に保護してしまう、天下りという悪癖も根絶しなくてはいけません。

なぜ日本からイノベーションが生まれないのか。堀江氏は、同書43ページで以下のように述べています。

一つは日本の会社には、異端の技術者や経営者が能力を発揮できる環境がないからだろう。会社の中で出世するのは、どちらかと言うと新しいことに挑戦する人間ではなく、無難な選択をする人間だ。

だからこそ、イノベーションは個人が運営しているようなベンチャー企業から生まれることが多い。破壊的とまでは言わないまでも、それなりのイノベーションを起こした会社の方が、新しいことに踏み出せない会社よりも成長する。

......

起業家という選択肢は日本でもかなり認知されてきたが、それでもまだまだ「一般から外れた変わった道」という風潮が残っている。

しかしアメリカでは、教育の段階で「人とは違うこと」が推奨される。言ってみれば、人と違うものを作り出す起業家がカッコいい職業として認知されるのだ。

このブログでも以前、「イケハヤ師絶賛:ちきりん*梅原大悟対談「悩みどころと逃げどころ」を読む」という記事で、以下のように書いたのですが、全くその通りだと思います。

に投稿。カテゴリー: 文化・社会・ネット, 読書日記