正田圭さんをめぐる事態の急変

事態が急変しておりますので、とりあえず、リンクだけ置いておきます。(1/10:コメントを追加しました。2/6:サロン問題など、その後発生しました話題に関する情報は別エントリー「イケハヤ師と脱社畜サロンをめぐる問題」に移しました。リンクの追加もそちらに行いますのでご参照ください。)

えらい店長さんのノート
えらい店長さんのツイートbizSPA!-1bizSPA!-2
えらてんさんと正田圭さんの和解!?
しょぼい起業で生きていく【無料公開:終了しました】:有料版(紙の本)はこちら
正田圭氏の告白:(えらてん情報:この告白、嘘じゃん、、、このLineが本物ならば)
TIGALAの新HP
サロン会員半減!

上の告白の中で、正田氏はプロフに虚偽はなく「2〜3桁億円をメインとしたM&Aコンサル会社」は事実であるとしています。

その理由は、TIGALAが「案件を受託する基準(対応領域)を10億以上300億円以下と定めている」からであるとしているのですが、それならそうと最初からそう言えばよいだけの話。正田氏、普通に誤解するような書き方をしております。

正田氏、一時は「プロフ盛っています」などと名乗っていたのですから、その言葉をころころ変えてはいけません。いつもその場しのぎの都合の良いことばかりを言っていると、信頼をなくすだけです。

ここは、「誤解を招く表現がプロフにあったことをお詫びします」などとして、最初からプロフを盛っていることを認めて謝罪するのが妥当なところでした。ことを大騒ぎにしてしまうと、結局、損するのは自分なのですね。

私のBLOGOSコメント:事実上のまとめはこちら
脱・雇われ人研究室のまとめ記事:まあ、巨星堕つとまでは、往っていないような気がしますが、、、
上の続き(その1)上の続き(その2)
上に対するMechaAG氏の批判
はてなブックマーク:ははあ、このページ、ここに出たからアクセスが急増したのね。どうもありがとうございます
ゆきママのまとめツイッター
肉級さんのまとめツイッター

あじゅん氏のまとめ:イケハヤ師寄りです
あじゅん氏のツイート
mediologicさんのまとめ
しがない広告ライターさんのまとめ

5チャンネル#1235チャンネル#1245チャンネル#1255チャンネル#126
5チャンネル#1275チャンネル#1285チャンネル#1295チャンネル#130
5チャンネル#1315チャンネル#1325チャンネル#1335チャンネル#134
5チャンネル#1355チャンネル#1365チャンネル#1375チャンネル#138
5チャンネル#1395チャンネル#1405チャンネル#141

閉鎖された質問箱
Peing-質問箱-に関するお詫びと詳細のご説明:情報漏洩! 無関係とは思うが
経緯のツイート
追及者・いしかわ氏のツイート:立派です。
いしかわ氏の続報いしかわ氏の続々報
いしかわ氏のnoteいしかわ氏のnote-2いしかわ氏のnote-3
サロンアンケート

カルロス氏:ブロックしまくりです。
けんすうさんに学ぶクレーム対応の3つのポイント
カルロス氏のツイート
けんすう氏のツイート
田端氏のツイート:ついにイケハヤ師にブロックされました!
何かと話題の山月記
けんすう氏のアンチ論
まとめけんすう氏擁護論信者の心理この夜が明けるまであと百万の祈り

togetter-1togetter-2togetter-3:不謹慎かつ申し訳ない話ですけど、イケハヤ師と田端氏のやり取りが傑作。剣豪同士の果し合いといいますか、、、これを読まないのは一生の不覚といえそうです。特に3のpage 2は必見! お見逃しなく
togetter-4:キック氏の困惑、togetter-5:それでもイケハヤを選ぶ

情報開国の関連記事同、雀荘チェーンについて同、反応まとめ
麻雀ウェルカムの事業再生スキーム
情報開国の他の記事は、同ページの末尾をご覧ください。

メロンパン氏のツイート
メロンパン氏のレポート-1メロンパン氏のレポート-2メロンパン氏のレポート-3
メロンパン氏のレポート-4:けんすう氏の立場について報告していますが、けんすう氏には、はた迷惑であるような感じも致します。
メロンパン氏の経緯ツイッター:けんすう氏は、それほど間違ったことをしていないように思えるのですけどね。利用された、という側面があるのかもしれませんけど。

それから、株を持っているからといって、関係者であるといわれるのは、かなり心外なのですね。

株というものは、責任を出資金の損失までに制限するという制度で、無限責任を負うわけではないのですね。

だから、私がトヨタの株を持っていたからといって、トヨタが出した欠陥車に関する責任を負うわけではない。最悪、トヨタが倒産して、株式の価値がゼロになったら、その損失は私が負うという形での責任は負うのですけど、そこが限界なのですね。

でも、株主としては、トヨタを応援したい。水素の未来は明るい、くらいのことは、いってしまうかもしれません。まあ、そう思うがゆえに、トヨタの株をホールドしていた、という側面もあるのですけどね。

めんおうブログ
はらですぎ氏のツイート
市況かぶ全力2階建て:UUUM

1/31、凍結されていた山本一郎氏のツイッターアカウントは、同日のうちに復旧いたしました。凍結はTwitter側の手違いと。でも、何者かによる妨害工作の可能性もあります。ちなみに、同氏のアカウントは、昨年7月にも凍結されています
山本一郎氏のツイート
脱社畜サロン会費返金に関する山本一郎氏のツイート
山本一郎氏の今日の一言

MechaAG氏のブログ-1MechaAG氏のブログ-2MechaAG氏のブログ-3
MechaAG氏のブログ-4:このあたりが良くまとまっています
MechaAG氏のブログ-5MechaAG氏のブログ-6MechaAG氏のブログ-7
MechaAG氏のブログ-8MechaAG氏のブログ-9MechaAG氏のブログ-10
MechaAG氏のブログ-11MechaAG氏のブログ-12MechaAG氏のブログ-13
MechaAG氏のブログ-14MechaAG氏のブログ-15MechaAG氏のブログ-17
MechaAG氏のブログ-16:本件に関して、私の意見を最後に書きます。(1/14追記)
MechaAG氏のブログ-17MechaAG氏のブログ-18MechaAG氏のブログ-19
MechaAG氏のブログ-20MechaAG氏のブログ-21MechaAG氏のブログ-22
MechaAG氏のブログ-23MechaAG氏のブログ-24元ネタ
MechaAG氏のブログ-25:次はこれ
MechaAG氏のブログ-26:正田圭氏に関する疑問
MechaAG氏のブログ-28元ネタ:イケハヤ師、つらたん
MechaAG氏のブログ-29元ネタ:正田圭さんの経歴に関する疑義を検証する

特別対談
イケハヤ師のツイート:多少のコメントが出ています
イケハヤ師のブログエントリー:本件に関するコメントが公開されました。
上のBLOGOS転載記事
正田圭氏のコメント(ツイート)
はあちゅう氏のツイート
Turnsのイケハヤ師紹介:末尾からお読みください
co号の冒険:インフルエンサー×ニュースサイト”boost!”
イケハヤ大学のアクセス数:プラスされる数がだんだん減ってきています
ゲルの出どころイケハヤ師もまったり内部


2019.1.10追記:今回の問題に対する私の考えを以下示しておきます。

基本的に、お金を取ってサロンを運営している以上、運営側の人間の経歴に著しい虚偽があるのは許されることではありません。

これはよくある経歴偽装でして、サロンの会員は、そういう経歴の人の話が聞けると思って会費を支払っているわけで、そこに嘘があるならサロンの運営自体が詐欺的な行為ということになります。

これだけ疑われているわけですから、イケハヤ師は、正田圭氏の経歴を確認してその結果を示すべきでしょう。

そして、正田圭氏の経歴に嘘がないならその旨を何らかの証拠とともに示せばよいし、嘘があるなら正田圭氏を解任して、希望する会員に対しては返金に応じるなどの処置をとらなくてはいけません。

今は弁護士も仕事に困っておりますので、成功報酬で法的処置を請け負う弁護士も出てくるのではないでしょうか?

イケハヤ師としては、傷口を大きくしないためにも、正しい対応をしなくてはいけないところです。


これまでの正田圭氏の主張から見えてまいりました内容は、次のような事実でしょう。

主要なポイントは、「2~3桁億円をメインとしたM&Aコンサル会社」を経営していると称してはいるが、これまでのところ「2~3桁億円のM&A」は、現実には行われていない、という点でしょう。

正田氏によれば、M&A事業を本格化したのは2018年からであり、まだそんなことができるわけはない、ということなのですが、上の記述を読んだ人間は、正田氏にそのようなM&Aの実績が既にあり、さらには日常業務として繰り返し行っていると受け取ってしまいます。

だから、我が国のM&A業界に詳しい多くの人が、この記述を怪しんだのですね。

これはやはり、表現に問題がある、というしかありません。


1/12追記:こんなのまで認めているとなると、これはもうどうしようもありません。


1/26追記:このツイート、「正田圭 / プロフ盛ってます」となっていたものから「プロフ盛ってます」が落ちていますね。表示させると見えないのですが、ソースのタグには、しっかりと残っております。class="twitter-tweet"指定などをblockquoteタグから外すと以下のようになります

本名 正田圭 旧姓安田圭 証券会社で働いた事ありません 高卒です 知り合いいません

詐欺ですね!すみません! https://t.co/DEeVXPFkKa

— 正田圭 / プロフ盛ってます (@keimasada222) 2019年1月11日


まあ、ショッカーが業務内容を「世界征服」とするようなものだといわれると、わからないではありませんし、宗教団体が世界平和や人々の幸せをスローガンに掲げているようなものかもしれません。

でも、会社の紹介としては、相当におかしいことは確かで、誇大広告であるといわれかねない表現です。この部分の書き方は改める必要があるように、私には思われます。

特に、会費をとって会員を募る有料サロンの主催者の経歴として、このような誤解を与える表現は、非常に問題があるのではないでしょうか。

実際問題としては、サロン参加者にどのように受け取られたかが問題ですが、上にもリンクを掲げましたいしかわ氏の記述などを読みますと、多くの人々と同様の誤解を与えていたことが読み取れます。

文言をどう解釈するかに関しては、常識的な判断が必要な部分ですが、会計に関する奇想天外な文書を発表されておられたりしているところを見ますと、常識の部分におきましても、正田氏は企業経営の世界の一般的な人々とはかなり異なる意識をお持ちであるのかもしれません。

このあたりにつきましては、あまり特殊な論理に依拠するのではなく、業界の一般的な文化常識に立脚した判断が求められてしかるべきであるように、私には思われます。

おそらくは、裁判官が参照するのも、そうした一般常識であり、業界の公正な慣行に照らして判断がなされるはずです。ここは無茶をしないことです。


1/11追記:正田圭氏のツイッターから極め付きのやり取りをご紹介します。

まず、正田圭氏が田端信太郎氏に宛てて次のように書き込みをいたします。

はじめまして、横からすみません。田端さんにご意見お伺いしたいのですが、自分のプロフィールは「盛っている」状態だと思われますか?(嫌味とかではなく、意見としてお伺いしたいです。これが一般的な意見として「盛っている」状態であるのであればプロフ変更しようと思います)

これに対して田端信太郎氏が次のように書きます。

そんなことは俺に聞いてどうするよ。
自分で胸に手を当てて、よく考えろ。

そして、これを受けての正田圭氏のツイートです。

ご回答ありがとうございます!

自分では盛っていないプロフだと思います!

これに対して受ける印象は人それぞれだとは思いますが、私の受けた印象は、正田圭氏はコミュニケーション能力に多少の問題があるのではないか、ということなのですね。

つまりは、他人の言葉を自分に都合の良い方向に解釈してしまう。

田端氏が「自分で胸に手を当てて、よく考えろ」というのは、これまでの正田氏の主張を反省して考えろ、という意味であって、正田氏の考えにすべてをゆだねるという意味ではないのですね。

赤塚不二夫氏の「もーれつア太郎」あたりに、「自分の胸に訊け」というギャグがありましたよね。

ココロのボスが、他人の頭をひっぱたいて、「自分の胸に訊いてみろ」というのですね。これをやられた人は、自分が何か問題となるようなことをしていたのではないかと考える。でもそれが、ココロのボスの狙いであって、本当はそんなことは何もない。

たしか、この落ちは、ココロのボスのこの企てがばれて、みんなにはたかれる。で、みんなは口々に言うのですね。「自分の胸に訊いてみろ」と。

ココロのボスと似たようなセリフなのですが、ココロのボスの根拠のない言い草とは異なり、ここでのみんなのセリフは正しい。それが、持って回った赤塚不二夫のギャグ、というわけです。

あ、つまり私の言いたいことは、「自分で胸に手を当てて、よく考えろ」という意味は、あんたにも落ち度があるのではないか、反省しなさい、という意味を包含している、ということ。

こういう意味は、日本人であれば、誰でも知っている常識なのですね。赤塚不二夫のギャグは、この常識を前提として成り立っております。

だから、自分では盛っていないプロフだと思います!という反応は、とってもお門違いなのですね。

もし本当にそうなら、こんな問題にはなっていなかったのではないか、という点から疑わなくてはいけません。怪しまれるには怪しまれるだけの理由があるのではないか、ということですね。

少なくとも、田端信太郎氏のこのツイートから受ける印象は、正田圭氏に本件の判断をゆだねたなどというものでは全然ありません。

普通に考えれば、田端氏は正田氏に反省を要求したのであり、これをあいまいな形で語ったのは、良い大人に明確な表現を使わないという日本語の慣例があり、このために誤解が生じているのかもしれませんね。

正田圭氏は、日本語にどの程度習熟した方なのでしょうか? もしもあまり日本語が得意でない方であるなら、正田氏に対する発言は、あまり分かりにくい日本語にはしない方が良いのではないかと思います。

と、いうわけで、関係者には胃の痛くなるような展開でしょうが、ネットコミュニケーションを研究するものにとりましては、きわめて興味深いケースが収集できました。

今回の件に対する関係者のお働きに感謝いたします。


1/14追記:MechaAG氏のブログに、けんすう氏のツイートが紹介されております。これ、消すかもしれないとのけんすう氏のコメントですので、私も縮小コピーを以下に保存しておきます。

けんすう氏のツイート

で、Mecha氏の感想が以下の通りです。

ん~けんすうって関係者なの?それだといろいろ見方が変わるなぁ。ってっきり純粋に第3者の立場でサロンで活動してるのだとばかり。嘘を書くのもだめだが、必要なことを書かないのもいかがなものか。

ずっとけんすうももの好きだな~と思ってたんだが。そうじゃなかったのか…

それこそけんすうも最初に「僕はTIGALAの出資者ですが」と宣言してから、一連の議論に加われば、何の問題もなかったのに、今頃になって言われると、たぶん実際以上にネガティブな印象を持ってしまうな。正田圭のこと言えるの?と。それともサロン内では以前から明かしてたんですかね。んで、サロン外の人はお客さんではないので、誠意ある告知をする義理はない、と。

まあ冷静に考えれば別にけんすうは何も落ち度はないんだろうけど、今この瞬間でいえば、俺はけんすうに対してかなりネガティブな感情を抱いてるのが正直なところ。ま、ホントネットは難しいですな。

これに関しては、普通は、未公開株を持っていることなど、公言したりはしないものなのですね。

イケハヤ師のような有名人に株を持ってもらう場合は、宣伝効果を期待して公表しているのでしょうが、普通の人の資産内容など、よほどの大量保有である場合を除いて、普通はオープンにしたりはしないものです。

これをへたに公開してしまうと、あの人に出資させてこの人には出資させないのはなぜか、などと、要らぬ詮索をされてしまいます。だから、発行側が未公開株の保有を秘密にしてくれと頼む場合もあるのですね。

むしろ、この時点でけんすう氏がこのツイートを公開しているのが、フェアなやり方であるように、私には思われました。

つまり、今回の炎上での自らの立場を明らかにしたということですね。

これは、本来は必要ないことではありますけど、TIGALAの関係者であり、かつ関係者として発言していながら、関係者であることを隠すことはフェアでないとけんすう氏が考えたからではないかと思います。

話さなければ誰にもわからないことをあえて話す。これはとても立派な行為であるように、私には思われます。

この情報があれば、なにゆえにイケハヤ師が正田圭氏をあれほどまでに援護したかも理解できようというものです。つまり、イケハヤ師にとって大事だったのは、けんすう氏であったのではないか、ということですね。

なにぶん、けんすう氏はろくにサロンに貢献しないイケハヤ師を首にしてしまえなどというようなことも語っておられました。けんすう氏こそ、脱社畜サロンのキーパーソン、サロンのかなめであったわけですから。

イケハヤ師が正田圭氏を切れば、けんすう氏も去り、サロンは瓦解してしまう、と恐れたのではないかと思いますよ。

なお、TIGALAの株式を持っているといっても、ごく少数であれば、別にTIGALAを代表して行動するわけでもないのですね。

この私だってトヨタの株主であったこともあるのですが、別にトヨタを代表して行動していたわけでもありませんからね。

もちろん、TIGALAは小さい会社であり、株主と経営陣との距離が近いなどということもありそうなことで、けんすう氏が関係者という意識を持つこともそれなりにうなずけるわけで、けんすう氏の行為にはそれほどの違和感を感じたわけではないことも追加しておきます。

まあしかし、けんすう氏、脱社畜サロンに3,000円の価値がないなどとしゃあしゃあと書いております。イケハヤ師には、踏んだり蹴ったりというところですね。

イケハヤ師、これらの打撃から果たして立ち直れるでしょうか。ちょっと心配です。

コメントを残す